髙橋紗矢司法書士事務所トップページ業務案内 > 不動産

不動産

不動産購入時の、司法書士の役割

 お客様が不動産をご購入された場合、たいてい司法書士が引き渡しの場所にいて謄本や書類の説明をし、お客様が書類にサインをし、お金が動き、「決済終了」となります。
その後、司法書士は全ての書類を持参して法務局へ向かい、書類をまとめ、提出します。
そして、約1~2週間で登記が完了しますので、無事、不動産がお客様のものであるという証明書が出来上がります。
 もし、無事に登記を申請することができない間に他人が登記を申請してしまったら、お客様はご自分の不動産であるのに「これは私のものだ!」と主張しても、その主張は認められなくなってしまうのです。
 万が一、そのような事態が起こってしまったら・・・悔やみきれませんよね。
 不動産は高い買い物です。そして、登記手続は、細かくて複雑なものです。素早く確実に登記申請するために、不動産登記は司法書士にお任せ下さい。

ローンを完済したら

 不動産ご購入時に付けた銀行等のローンが完済したら、銀行から完済に関する書類をもらえます。多くの方は、ここで手続が終了したと思ってしまいますが、この後まだ1つ手続が残っています。それが、抵当権(ローン)の抹消手続です。
 お借り入れされたときに付けた抵当権の登記を、今度は消さなくてはなりません。この手続を放っておくと、また新たに書類を集めなくてはならなかったり、今後ご売却したいと考えたときに、手続がスムーズに進まなかったりするおそれがあります。
 この登記は、銀行からもらった書類一式をお持ちいただければ、比較的短期間で登記を完了させることができますが、なかには複雑な手続を要するものもあります。ですので、まずは登記の専門家、司法書士にご相談することをお勧め致します。

当事務所ではご相談は無料となりますので、いつでもお気軽にご相談下さい。

ページトップへ
トップページ司法書士って?業務案内料金表お問い合わせ事務所案内司法書士紹介
サイトマッププライバシーポリシーリンク集